悩み抜いての表彰台


山形蔵王女子W杯2試合目

日本国内で高梨選手のW杯新記録54勝をと願っていたジャンプファンが、その瞬間を見届けようと山形蔵王スキー場へと上がってきていた。

新雪が降りしきり14時45分からのトライアは中止になり、エントリーした50名が1本目へ。しかもそれも降雪で途中中断、ここは地元スタッフの懸命な除雪作業が実り、2本やり遂げて、試合が成立した。

好調なスロベニアとロシア勢が果敢に飛ばし、主力の欠場をみたドイツとオーストリアは不完全燃焼、そこへ日本女子が地元の慣れ親しんだシャンツェでの上昇を目指して飛んだ。

出場した日本選手は、6人全員が2本目へと進み、各々見事にポイントを獲得した。

日本チームは山形蔵王に売店を出店していた船木和喜コーチによる的確な指導が生きた勢藤優花(北海道ハイテクAC)がうれしい6位入り。岩渕香里(北野建設)は2本目に失速して10位、伸びやかに飛んだ茂野美咲(CHINTAI)は1本目16位からトータルで23位につけ、学生ジャンパーの岩佐明香(日大)は26位だった。

日本2トップ伊藤有希(土屋ホーム)は、パワフルなジャンプで2位表彰台に昇り、3位に高梨沙羅(クラレ)。その差はわずか0.7ポイントだった。

蔵王で連勝したルンビ(ノルウェー)は2本目に最長不倒の101mを飛び、30ポイントもの大差をつけられていた。

「まだまだ向上できます」と絶好調のルンビはそう言い切る。

この差をどのように埋めていくか、それが日本勢の大きな課題となる。

「まだ、ちぐはぐさがあります。それがうまくかみ合うように仕上げていきます」伊藤は調整が順調であるとの見解をしめした。

「スタートからアプローチへの身体の落とし込みの運動が違っていました。それに気がついた試合でした」と語る高梨。夏場に取り組んだ陸上トレーニングの修正部分も見えてきて、切り替えをすべきと認識した。

ルンビや蔵王大会をまえに帰国したアルトハウス(ドイツ)はまったくタイプの異なる個性の選手。2~3年の確かな時間をかけて身体を作り上げ、今季、ブレイク。そして日本選手は前年までの表彰台中央はなく3、4番手からの脱却を望まなければならない状況に追いつめられた。

一見、ようやく本来のW杯の姿になったと欧州のジャンプファンは思うであろう。

いわば高梨のひとり勝ちの時代は終えたとの見解もあり。レベルが拮抗してきた女子ジャンプ、いよいよ切磋琢磨した、見応えある競技になってきたと捉えられる。

そこで真の勝利をつかんでいきたい日本女子チームだ。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square