ここから巻き返しだ。


高梨沙羅(クラレ)

無風に近い山形蔵王。

夕暮れとともに冷え込みが厳しく、指先が痛み出すくらい。

ランディングバーンに沿って横に長く広がった観客は、エイブル応援団の

掛け声にリードされて日本選手に最大の声援を送っていた。

新記録の54勝を狙っていた高梨沙羅(クラレ)は大きく飛び出したが、

なぜか空中のスピードがない。

好調時であればそれこそ、うなりをあげてぐんぐんと伸びていったのだが

いまや、きれいに降りていくイメージにあり、そこそこの飛距離は出る

ものの圧倒したそれとは違うシルエットであった。

しかも100m台を2本揃えて圧勝したルンビ(ノルウェー)は力まかせ

の飛びから、流れていくような技術をミックスさせた高いフライトで、

ビッグジャンプを連発させていた。

さらに新進気鋭ホルツル(オーストリア)は山形蔵王のシャンツェと相性

がよく、鋭く弾丸のような突っ込みで飛距離を伸ばしてきていた。

日本勢はそこでどのように対応していけば良いのだろう。

高梨4位に伊藤有希(土屋ホーム)が5位。長身でアプローチスピードが

出る勢藤優花(北海道ハイテクAC)がひとケタ8位に入ってきた。

サッツ後に横風にあおられてしまった小林諭果(CHINTAI)は残念だったが、

茂野美咲(CHINTAI)が集中力抜群のジャンプで21位になった。

それらが救いのようでもあるが、表彰式に地元日本の選手がいないという、

静かな表彰台を見つめることになった。

いや、気を取り直して、今日の団体戦で圧勝と行こう。

強敵ドイツの飛車角抜きはやや癪でもあるが、そこは日本の実力をとくと

みせつけていけば良い。頑張ろうジャパン女子。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square