平昌シャンツェと風

すこぶる好天の平昌シャンツェ。

横に広がる小高い丘の上にすっくとそびえるスタートタワーは壮観だ。

しかし、それだけに一旦、風が吹いてくるとその影響を受けてしまう。

もちろん防風ネットに両サイドが守られているのだが…。

どうにも、読みにくい巻いた風が、ランディングを吹き抜けていく。

これはどうしたものかと、ふと遠くを眺めれば風力発電のプロペラが

何基も回っているから驚きだ。

それで先のW杯では男子でLHからNHに種目が変更されたりもした。

とはいえ夕方になり、その風はやんでくるときがある。

そして欧州実力派のシュテファン・クラフト(オーストリア)が優勝

を飾っていた。

来年2月の本番では安定した微風の下、より素晴らしい競い合いの

試合になってもらいたいものだ。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square