魅惑のワンツーフィニッシュ

1月中盤の札幌STV杯は、安定したジャンプを2本揃えたCHINTAIスキーチームの

小林諭果と茂野美咲で歓喜のワンツーフィニッシュとなった。


飛距離130m前後の試合で、選手たちは落ち着き伸びのびと飛んでいった。

そこで、あの岩手松尾八幡平の小林ファミリーだ。やはり、表彰台の中央がよく似合う。

そしてW杯のオーベルスドルフ(ドイツ)やビリンゲン(ドイツ)などの大きなジャンプ台を

思う存分に飛ばせてみたいと考えるのは、熱心なジャンプファンであればこそ。

冬季五輪種目にラージヒルは設定されておらず、その無念さもある。


「飛距離が出るラージヒルの方が、小林は着地もしっかりと決まりますよ」

一戸くる実選手の父で、小林の技術指導にあたる一戸剛コーチ(早大スキー部監督)は、そう述べた。

STV杯優勝小林諭果(CHINTAI)

STV杯優勝小林諭果(CHINTAI)

STV杯2位茂野美咲(CHINTAI)優勝小林諭果(CHINTAI)3位葛西春香(東海大札幌高)

STV杯2位茂野美咲(CHINTAI)

CHINTAIスキーチームの茂野美咲と小林諭果㊨

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square