高梨沙羅W杯58勝達成!!

『高梨沙羅W杯58勝達成!!』

ついに成し遂げた高梨沙羅選手(クラレ)の女子ジャンプW杯58勝だった。

ヒンツェンバッハ(オーストリア)の2試合目、ここはHS90mというやや小ぶりで、昔ながらの正確で繊細な技術を必要とする台だった。

小雪のためジャンプ台には雪が貼り付けられ、それが冷えた風でいびつに固まりアプローチスピードが出ていた。

当地の3連戦で、高梨選手は初戦のスーツ違反失格から一転、抜群に集中力を高めて1、2本目ともに90mちょうど、そしてテレマークをしっかりと決めた。

2位のクリジナル(スロベニア)の追い上げを跳ねのけた勝利、それもわずか0.4ポイントの僅差で堂々と勝ち切ってみせた。



前日のスーツにおける失格は、太もも部分が少し太いという計測の理由であった。

今シーズンは、さらに厳密なカッティングになったことから、試合前後の計測はよりシビアになっていた。

それもダイナミックな復調のジャンプを見せた勢藤優花(北海道ハイテクAC)が失格、伊藤有希(土屋ホーム)は戸惑いながら予選落ちしてしまった。それは優勝候補の地元クラマー(オーストリア)すらも失格してしまうほど。コアなファンに言わせると厳しめな運営をしている印象に包まれたが、オーベルスドルフ世界選手権を前にそれもさもありなん。

高梨選手は気を強くして輝かしい勝利を得た。

さあ、今日も連勝の道へと進む。


写真・文/岩瀬孝文

photo & text by Yoshifumi Iwase

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square