小林、勇躍2位!

ロングジャンプで盛り上がるUHB杯が、この夏秋の最終戦として行われた。

札幌大倉山には大観衆、キッズジャンパーと子供たちが楽しそうに。


全日本選手権で3位に入り、好調の波に包まれる小林諭果(CHINTAI)が、

2本ともに、じつに落ち着いたジャンプで風を捉え、2位表彰台に立った。

「技術的にも、スキーの先が上がらなくなり、スムーズに空中に出ていける

ようになりました。目標としていた表彰台にも入って、本当にうれしいです」

と、涙ぐんでしまった。


これでW杯開幕戦の遠征メンバーに選抜されることが見えてきた。

「これからも、しっかりと陸トレを続けて、最高な状態に持っていきたいです」

はやくもやる気満々な小林選手だった。


「いまは、いろいろと考えながら飛んでいます。またアイストラックでの練習を

積んで、この冬にかけていきます」

良い風にあたらなかった茂野美咲(CHINTAI)は7位、それでも、やや後継になる

立ち上がりなど修正しながらのジャンプ。今後のやるべき課題を明確にしていた。










特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square