世界選手権LH高梨2位銀メダル


                                      photo:Oberstdorf 2021 

                                                                     

『世界選手権LH高梨2位銀メダル』

ついに2本揃えて、勇躍の銀間樽を獲得した高梨沙羅(クラレ)だった。

それはノーマルヒルにおける、いわば実力で勝ちえたというよりは、スタート直前にゲートを下げられ動揺したクランマー(オーストリア)の失速で転がり込んできたような3位に、けげんとした表情を崩さず、そこで静かに闘志を燃やしていたのだ。


実力で勝ち取ってこそ、真の表彰台のごとく。

たとえ追い風や斜め後ろからの風をものともせずに、切れ味鋭いサッツと、スピード感ある空中でしっかりと飛び抜けた。

「まだ、着地に修正する部分があります」

と課題点を口にして、さらに気を引き締めていた。


勝者はあくまで勝負強いルンビ(ノルウェー)が技術あるパワージャンプで金メダル。3位はクリネツ(スロベニア)。

またノーマルヒル女子団体戦の日本チームは4位、定位置といえばそれまでだがそこからの上昇が期待できる4位ではある。

また、混合団体は5位だった。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square