世界選手権、高梨3位銅メダル



photo:Oberstdorf 2021


『世界選手権、高梨3位銅メダル』

オーベルスドルフ世界選手権開幕の女子ノーマルヒル。

力感あるサッツで空中スピードの鋭さが増した高梨沙羅(クラレ)が2本まとめて3位表彰台へ昇った。

2位はここまでパワーを温存させていたルンビ(ノルウェー)、そしてクリネツ(スロベニア)が集中力あるジャンプで優勝した。

終始、追い風で無風もある状況で、なぜか2本目にゲートを下げられた1本目首位のクランマー(オーストリア)が踏み切りの力強さがなく失速で4位。このあたりは、ショウアップさせるならそのままのゲートであるのだが。なんとも難しさのある判断といえそうだ。


●2021世界選手権 女子ノーマルヒル

高梨沙羅(クラレ)銅メダル

伊藤有希(土屋ホーム)11位

丸山希(明大)20位

勢藤優花(北海道ハイテクAC)22位

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square