レジェンドと呼ばれて


『レジェンドと呼ばれて』

知らずのうちに48歳になっていたカミカゼ・カサイ、不屈の闘魂ジャンパー葛西紀明(土屋ホーム)だ。

かつてW杯では空中に飛び出して、左右スキーの間から下に顔をのぞかせながら飛ぶ姿があった。それもにこやかな表情を浮かべながら。

欧州スポーツ中継で人気あるユーロスポーツのジャンプ放送において、それはスローモーションでタイトルバックに差し込まれ、もはやヨーロッパ中のジャンプファンの驚きと称賛を得ていた。だから、このように言われた『彼はカミカゼ・カサイ』だと。


「今日は狙っていたんですよ。良い風がきた1本目136mで2位。よしっ優勝できる、いくしかないと」

それなのに無情な2本目の風、ウインドファクターのポイント-4.3点、109.5mで葛西は14位と沈み、トータルで7位に後退してしまった。

「腹が立ってしょうがなくて。今日は何も応えてやらないと、皆さんの前を素通りしようとしたんですよ」

と取材エリアを通り過ぎる真似をして、周囲を笑わせるあたり百戦錬磨の記者対応。

「この青い仕切りの柵を蹴ってばきっと叩き割りたい気分、わかりますかまったく(笑)」

そこにいた新聞記者やテレビスタッフ20余名に、さらに笑いの渦が広がった。

カザーイは賢明なまま暴れるのをやめた。


それでもフィニッシュエリアの端っこでは、ジャンプ台を見上げて「バカヤロー、このー!」と叫び、またもまわりを和ませてくれるのだから、そんな姿に、応援しているファンはやめられない。


「ノルウェーのヤコブセンのサッツが好きなんでね」

そのイメージを胸に抱いて、札幌五輪記念宮の森ノーマルヒルでは3位表彰台。そして、いよいよ狙う頂点だった。葛西のジャンプを観ていればトップチームでも充分に活躍は可能。とくに技術とパワーが必要とされるフライング台ではとの思いがよぎる。


それは来シーズンへの持ち越しだ。

そうなのだ、カサイはいつもジャンプファンの人々に夢と希望を与えてくれる。


そんな、優しさと強さを彼は持っている。


写真・文/岩瀬孝文

photo & text by Yoshifumi Iwase


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square