いまや表彰台の常連に


『いまや表彰台の常連に』

宮の森シャンツェの風は順風にも見えていたが、それは気温の上昇とともに、スタートからアプローチそして空中に至るまで追い風、横風など実際には荒れていた。

「1本目は全選手のうちで一番良い風をもらったと思います」

そのまま96.5mの最長不倒を記録した小林諭果(CHINTAI)だった。

タイトルを狙っていける。しかし、2本目はほぼ無風で83mちょうど。着地後、しばし、唇をかみしめてしまった。

「力みがあったかなですね。勝ちたかったなあ」

逆転優勝した高校生の櫻井梨子(余市紅志高)におめでとうと伝えて、静かに控室に戻っていった。


「公式練習から好調で、そのまま挑んだ今日の試合でした。でも、どこかで固まったような、緊張していたのでしょうね」

やや大人しめな80mの飛距離に終わった2本目。札幌五輪記念大会などこのところ悔しさにまみれていた茂野美咲(CHINTAI)だが、今シーズンから新しいメーカーのスキーに履き替え、その特性をつかみ取るまでにたくさんの時間を要していただけに、今日の3位表彰台にまずは満足という表情をみせた。


試合経験豊富なアスリートの良い部分とは、その場での瞬時な修正力があり、試合の駆け引きにたけることだ。

この冬からの中学生や高校生の台頭がすさまじい女子ジャンプシーンにおいて長身選手の小林といまやベテランの域にある茂野は、目前の1試合を大切にして奮闘し続けている。


[飛べ飛べCHINTAIその⑥]


写真・文/岩瀬孝文

photo & text by Yoshifumi Iwase


小林諭果

茂野美咲



特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square