次へ、さらに次へと。


『次へ、さらに次へと』

完全に狙える2連勝、それは1日おいた雪印メグミルク杯とTVh杯の圧倒的な勝利だ。

国内大会における連勝で小林諭果(CHINTAI)の名を内外へと、しめしたかった。

「どうにも動きが悪くて、1本目はタイミング遅れ、2本目はもっと伸びていける風をもらいながら、なんです」

ジャンプを振り返る言葉がすぐに出てこない。

失速でもなく、失敗のジャンプでもない。ただただ、自分のメンタルの置きどころおよびモチベーションの持っていき方を、とにかく責めた。

「ダメですね、もっと陸トレをしないといけませんね」

悔しさにまみれながら、精いっぱい、先の試合への心構えを言う。

それでも2本目には最長不倒距離の126mを飛んで6位から4位へと上昇、表彰台へは、わずかの差までに迫った。


「こういう試合は勝たなければならないでしょう」

一戸剛コーチ(早大スキー部監督)は、クールなまでにそう言い切った。

それは何のためにジャンプしているんだ、よく気を引き締めなさいとのアドバイスだった。


また良い風が吹いてくれなかった茂野美咲(CHINTAI)は、1本目3位から7位へと後退。

そして、なによりも優勝が決まったのに控室に戻ってしまった中山和(下川商)に優勝を知らせに走ったのだから、これも後輩思いの一幕であった。

[飛べ飛べCHINTAIその④]


写真・文/岩瀬孝文

photo & text by Yoshifumi Iwase

茂野美咲


小林諭果

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square